紫外線対策や化粧品で美白を目指す方法

肌を白くするために、美白化粧品などを用いたスキンケアだけでなく、美白にいい食べ物を食べるという人がいます。

UVカット加工が施された帽子や日傘を使ったり、日焼け止めを使うことが、紫外線に対する備えとして重要です。

化粧品を選ぶ時には、メラニンが皮膚に沈着しないような美白化粧品を選びましょう。

もしも日焼けをしてしまったら、ほてりを冷やし、美白化粧水で乾燥を防ぎます。

強い紫外線で肌がダメージを負っている時は、やけどの症状に近くなっていますので、直後に化粧水をつけると皮膚に負担になることがあります。

美白成分が配合されたスキンケア用品を使った場合、一朝一夕で肌が白くはなりませんが、3カ月使い続けても美白が実感できなければ、別な化粧品にするのも一つの方法です。

抗酸化作用がある食べ物を、日々の食事で食べ続けることも、美白のためには効果があります。

美白のために食べ物を選ぶ時には、ビタミンCや、ビタミンEが豊富なものにしましょう。

ビタミンEやCを効果的に取り入れるには、緑黄色野菜が適しています。

野菜や果物を食べる時は、熱をかけずに生で食べることで、ビタミンCが失われずに、美白効果が得やすくなります。

豆乳にはL-システインという美白に役立つ成分が含まれていますので、納豆や豆腐などの大豆加工品も、美白を目指すなら摂取したい食材です。

色白な肌になるためには、様々な方法があります。

美白成分を食事やサプリメントで摂取したり、美白にいいスキンケアをしたり、日焼けから肌をガードすることなどが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする