無添加の基礎化粧品を購入する時には

無添加化粧品を使う人が増えていますが、どういう商品が無添加の基礎化粧品なのでしょう。

無添加の基礎化粧品と聞くと配合されている成分が肌に良さそうというイメージを多くの人が持っていると思います。

しかし、無添加化粧品と謳っていいものはどんな化粧品なのかという明確な決まりはありませんので、ある種ものは言いようです。

添加物にも合成物と天然成分がありますし、着色料や香料は入っておらず、保存料や酸化防止剤は入っている場合もあります。

着色料と香料は配合されていないけれど、肌に刺激があるとされている石油系の界面活性剤が配合されている可能性があるのです。

無添加化粧品として販売されている商品には、アレルギーを引き起こす恐れがあるパラベンが配合されていないという訳では無いのです。

無添加と書かれている時には、界面活性剤や着色料、香料については無添加だったという基礎化粧品もあります。

商品を選ぶ際には、無添加という言葉に惑わされるのではなく、表示されている成分すべてをパッケージで確かめてみる必要があるでしょう。

基礎化粧品の中には、無添加オーガニックを売りにしているものもありますが、オーガニック成分以外の原材料が使われている場合でもオーガニックと書かれていることがあります。

わずかでもオーガニックの成分が入っていれば、記載しても問題はなしと考えているメーカーも少なくないために起きる現象です。

添加物が配合されていないことで腐りやすく、劣化が早いというようなケースもあるので、無添加の基礎化粧品は保管に注意が必要です。

無添加の基礎化粧品を使いたいという人は、配合されている成分をしっかりチェックした上で、購入するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする