しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

しわやたるみの予防に有効的な方法として、毎日の洗顔とスキンケアがあります。

マッサージをしてお肌の代謝を活発にしたり、食事内容を工夫して肌にいいものを摂ることも、しみやたるみ対策としては有効です。

紫外線から肌を守ることも、肌の老化を防ぐためには大事ですから、オールシーズン実践してみてください。

昔は、少しくらいは日焼けしたほうが好ましいという風潮でしたが、現在では紫外線は防ぐべきものです。

紫外線は肌に悪影響を及ぼすものであり、いろいろな肌トラブルの原因になってしまうものです。

肌の乾燥やしみ、くすみ、たるみなどのトラブルは、紫外線による肌の光老化が関係しています。

紫外線によるダメージを少しでも回復させるために、特に日常の洗顔と洗顔後のスキンケアに気を遣う必要があります。

クレンジングの際に、化粧汚れを落とそうとして強くこすると皮膚を痛めますので、クレンジング剤を皮膚の上に塗り広げます。

洗顔時は、きめ細かい泡をたっぷりつくって、泡を顔の上に乗せて汚れを浮き上がらせる感覚で洗い落としていきましょう。

38度以上の熱いお湯を使って顔を洗うと、皮膚に残して起きたい肌本来の油分まで流出してしまうので、ぬるま湯で洗うようにします。

洗顔後はコットンに取った化粧水を顔全体に優しくパッティングし、なるべく早く乳液で保湿しましょう。

保湿を十分に行うことで、紫外線を浴びた肌の乾燥を阻止し、しわやたるみのないハリのある肌をキープすることができるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする