レーザー治療でにきび痕やしみを消す方法

レーザーを使ってお肌をきれいにする美容施術の中には、しみとりや、にきび痕の除去などがあります。

お肌に悩みを抱いている女性は多く、しみやにきび痕も、代表的なお肌の悩みであるといえます。

顔にしみができると、実際の年齢以上に年をとって見えるようになりますので、それで困っている人もいます。

肌トラブルに悩まされないように、毎日のスキンケアをきちんと行い、しみやくすみのない肌を目指したいものです。

紫外線によって傷ついた皮膚は、若いころは気づかないものの、加齢と共に表出するようになります。

お肌のしみは、若いころはさほど気にならなくても、年をとった時に、若いころの紫外線ダメージが原因となって現れます。

普段から念を入れて手入れをしていたとしても、お肌のしみやにきび痕を、完全になくすことはできません。

一旦お肌にしみができたり、にきび痕が残るようになると、家庭でのケアでは対策が困難です。

美容クリニックで行うレーザー治療では、まず、にきび痕や、しみがある部分にレーザーを照射し、やけどをつくります。

皮膚に一旦やけどをつくり、やけどがかさぶたになって、自然と剥がれ落ちるころには、新たな皮膚ができるという美容施術になります。

しみやにきび痕を除去するための美容施術は、保険適用の対象外になりますので、費用はあらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。

大抵の美容クリニックは、施術前にカウンセリングがあり、どんな施術をうけられるかや、どういう効果が得られるか教えてもらえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする