乾燥肌の対策には食べ物を選択すること

乾燥肌は、お肌の水分量や皮脂分泌が少なく、保湿因子なども不足している状態になっています。

肌が乾燥していると、紫外線や埃やカビなどのアレルゲンの影響で、赤くなったり、痒くなったり、炎症などが起きやすい傾向があります。

低刺激の基礎化粧品を使用して、お手入れをすることも大事ですが、乾燥肌対策に役立つ食べ物を知っておく必要があります。

人は、生命を維持するために、毎日食事を摂っています。

日頃から乾燥肌対策にいいものを食べることが、お肌の保湿につながります。

ニンジン、ピーマン、カボチャ等の緑黄色野菜には、ビタミンAが豊富に含まれており、皮膚の粘膜を強化して、保湿力を維持するという役割があります。

皮膚の新陳代謝を活発にする成分に、ビタミンB群があります。

ビタミンB群が多い食材は、豚肉や、玄米といった食材になります。

ビタミンCには皮膚のコラーゲンの生成を助ける働きがあり、レモンやいちご、キャベツ、みかん、オレンジなどの野菜や果物に多く含まれている成分です。

ビタミンEが豊富に含まれている食品には、血流を促進したり、優れた抗酸化作用があります。

ビタミンEが多く含まれている食品には、アボカドやごま、アーモンドなどのナッツ類がありますので、積極的に摂取してみることをおすすめします。

乾燥肌の対策として食べたほうがいい食べ物は、比較的手に入りやすいものばかりですので、日々の献立づくりに楽に生かすことができます。

水溶性ビタミンであるビタミンB、Cは、大量に摂取しても、体内で使い切れなかった分は尿や汗になって排出されてしまいます。

食事の偏りがないように注意をすることは、乾燥肌対策だけでなく、年齢を重ねても若々しい体をキープしたいという人が、美容や、健康維持にも有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする