ツボを押して食欲を抑制する

多くの人が、過去にダイエットをした経験を持っているようです。

ダイエットの動機は健康や美容など人それぞれです。

ダイエットですべことは、まず適度な運動と、食生活の見直しです。

けれども、食事も運動も、改善するのは意志力が必要です。

特に食事制限は、食べたいという強い欲求を抑えなければならないので、非常にストレスが溜まるでしょう。

食欲をセーブできるつぼが人の体にはありますので、どうしても食べたいと思うようになる前に、対策を打っておくといいでしょう。

それは耳にある飢点というツボです。

食欲の高まりを抑えてくれるという飢点は、右と左の耳の穴のある表側の、それぞれの膨らんだ部分、ちょっとだけくぼんだところです。

ツボがある場所を指で挟んでみたり、軽く叩いたり、つまんだりして刺激を与えます。

ポイントは、自分の脈拍と同期させることです。

食欲を自覚した時に、飢点のツボを押すといいでしょう。

オフィスや電車の中でもどこでも、簡単に人目を気にせず刺激できるのが耳つぼの良い所です。

食前15分くらいに耳つぼの刺激をすれば、つい食事を摂り過ぎてしまうということもありません。

自然と腹八分目で食事を終えることができるはずです。

耳つぼ刺激は、食欲の抑制方法に頭を悩ませているという人に向いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする