漢方で食欲を抑制してダイエットする方法

様々な方法でダイエットに取り組む人がいますが、漢方を使って体重を減らそうとする人もいます。

漢方を使うダイエットのいいところは、運動や食事制限によるダイエットのように、ストレスがたまったり、身体に負荷がかかりすぎないことです。

食事量を減らしたり、積極的に運動をすることも健康を意識したダイエットになりますが、代謝のいい体になることも、ダイエットを達成する時に重要です。

ダイエットを成功させるには、運動不足を解消し、身体の様々な部位にある筋肉を動かすことです。

進んで体を動かす癖ができている人や、趣味のスポーツがあればいいですが、それ以外では運動量が足りないでしょう。

漢方は、食欲を抑制する成分が配合されているものもあります。

食事量を減らせばダイエットの効率はよくなりますが、栄養不足や、体力低下の問題もあります。

人間は、身体機能を正常に保つために、食欲という欲求を持っています。

この欲求を抑制することは体が目指すものとは反していますが、やり方によってはダイエットに役立ちます。

漢方薬で食欲を抑制する場合は、大柴胡湯や、防風通聖散が用いられます。

大柴胡湯は炎症を鎮めるなど、体の機能を抑える漢方薬です。

胃腸機能を意図的に低下させることで、栄養吸収効率を低くし、食欲を抑制するために使う漢方です。

体重を減らすためには、食べたものに含まれているカロリーが身体に吸収されないほうがいいですが、胃腸を弱めれば、体に負担がかかってしまいます。

代謝が滞っていると感じる人には、防風通聖散が適しています。

便の詰まりが解消されたり、水分を体の外に出し、脂肪の燃えやすい体にします。

ダイエットに漢方を利用することは可能ですが、漢方で食欲を抑制することはメインの痩身効果とせず、サポート的な使い方をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする