ピーリング石鹸でのスキンケアについて

剥ぎとるという意味のピーリングは美容の世界では肌の古い角質を取り除きターンオーバーを正常にすることを言います。

ピーリングは、エステの美容コースでも盛んに行われていますが、家庭でも行うことができます。

方法としては直接肌に酸を塗って角質を溶かしていく化学的な方法と、レーザーなどで強制的に剥がしていく物理的な方法とがあります。

家庭で簡単にできるピーリングの方法は、酸を利用して古い角質を除去する方法です。

ピーリング石鹸にはAHAというピーリングに用いる酸が入っていて、この成分が皮膚に高価を及ぼします。

AHAはグリコール酸、リンゴ酸、乳酸、クエン酸などの天然の成分が主なためフルーツ酸とも呼ばれており、多くのピーリング石鹸に配合されています。

酸で角質を溶かすというと物々しい感じがしますが、フルーツ酸は肌に対する刺激が比較的少ないものです。

ピーリング石鹸を使ったほうがいい人は、角質がごわごわしていて日々の洗顔では洗い落とし切れていない人や、年をとって角質層が固く強ばってしまっている人など、肌の状態によります。

肌のくすみが気になる人や毛穴が開いている人、シミ、シワが気になる人なども、ピーリング石鹸の効果が期待できます。

使い方ですが使用頻度をしっかり守って、理想的なターンオーバーにもどすためには夜の使用が効果的です。

人間の体は、寝ている間にダメージの修復や細胞の生成が行われていますので、夜にピーリングをすれば皮膚の再生が促進されます。

ピーリング石鹸によって洗顔した後は、しっかりクリームや美容液でのスキンケアを行い保湿成分を補うことも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする