ピーリング石鹸の利用と注意すべき点について

ピーリングは、固くなったまま皮膚表面に残っている角質層を剥ぎ取り、新しい皮膚を露出させるスキンケアです。

ピーリングは、もともとはエステの美容施術でしたが、近年では自宅で使えるピーリング石鹸も人気を集めています。

お肌の新陳代謝を促進する効果はピーリングにはありませんが、本来あるべき新陳代謝にすることが可能だといいます。

新しくつくられた皮膚がきちんと肌の表面に出て、古い皮膚が除去されるようにピーリングを行います。

レーザーの光や、酸性の薬剤を皮膚につけることで一番外側にある古くなった角質層を溶かし、新しい皮膚を露出させるというやり方です。

古くなった皮膚を除去する手段として、エステでは薬液は使わず、レーザーを皮膚に照射し、不要な角質層を取り除くようにします。

ピーリング石鹸なら、エステに足を運ばずとも、自分でピーリングを施すことが可能です。

今では多くの人がスキンケアを目的としてピーリング石鹸を使っていますが、エステに頼らずピーリングをする時には、知っておきたいことがあります。

古い角質層をピーリングによって除去できれば、以後のお肌の状態は全く心配いらないと言われますが、決してそんなことはありません。

ピーリング石鹸がジェル状のものなら、洗浄力の強さはあまりたいしたことにはならないかもしれません。

いいピーリング石鹸を使うと、顔にとっては必要なあごの下の角質まで取り除いてしまうかもしれません。

お肌を外部の刺激からガードするためのバリア効果が低下すると、肌トラブルが起きやすくなったり、にきびが次々にできたりします。

美肌になりたいからとやたらとピーリング石鹸を使った洗顔をしていると、皮膚を痛めてしまったりと、赤く腫れたりと、余計な肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする