紫外線を防止して美白を目指すためには

肌にしみやくすみをつくらないために、紫外線の影響を肌が受けないよう、しっかりガードしておきたいものです。

紫外線が強い季節というと、5月~9月の暑い時期という印象があるかもしれませんが、実際は一年じゅうずっと紫外線は降り注いでいます。

もしも、紫外線から肌をガードしたいなら、紫外線量が多い時間に屋外で活動をすることは控えるといいでしょう。

紫外線の強い時間としては、AM10:00~PM2:00ぐらいです。

この4時間程度で、1日に届く紫外線の半分が、地球上に到達しているのです。

昼間に外出をしないようにする事はなかなか難しい面もあるので、外出する時には日焼け止めを塗っておくようにしましょう。

塗った直後ではなく、塗ってからしばらくしてから効果があることが、日焼け止めクリームの特徴です。

日焼け止めクリームをつけるタイミングは、外出時間よりやや早めにしておくことで、タイムラグを生じさせずに紫外線予防効果が得られます。

日焼け止めクリームは、ちょくちょく塗り直しが必要です。

夏の暑い季節では、日焼け止めクリームを塗った後で汗をかくと有効成分が流れてしまいます。

また、効果がずっと続くものでもありません。

3時間に1回のペースで塗り直しをすると、効果が持続するでしょう。

日焼けを防止して、美白を目指すためにはビタミンCの配合された化粧品やスキンケア商品を利用することが挙げられます。

紫外線の作用から肌を守り、肌の白さを維持するためには、美容成分であるビタミンCを有効に使いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする