紫外線を防止するスキンケア商品とは

太陽の光が強い時にお出かけをする場合、紫外線防止策をきちんと講じておくことが重要です。

日焼けをすると、肌が黒くなったり皮が剥けたりするイメージがありますが、日焼けの弊害はそれだけではありません。

皮膚の色がくすんだり、そばかすがふえるのは、紫外線が皮膚の奥に到達し、肌の細胞にダメージを与えていたり、メラニン色素を増やしているからです。

しみやくすみといったお肌の問題を起こさないようにするには、紫外線を効率的に防止することが大事です。

日焼け止めクリームは、紫外線が肌を通さないように、壁を立ててくれる機能をになっています。

日焼け止めには、クリームタイプやジェルタイプや乳液タイプなどの商品があります。

近年では、さっとスプレーすれば日焼け止め効果があるスプレータイプも登場しています。

使用感や使用するシーンなどに合わせて、自分に合った日焼け止めを選べるようになっています。

日焼け止めにはSPFや、PAという表記がありますが、これは、どの程度の紫外線を防止できるかの数字です。

紫外線はUVA波と、UVB波という2種類があります。

SPFは、UVFをカットする役割を果たしているといいます。

SPFの数値が大きい日焼け止めクリームでは、日焼けが開始されるまでの時間を先延ばしにしてくれます。

PAはUVA波を防止する力を表す数値となっていて、+の数により4段階に分かれており、+の数が多いものほど紫外線を防止できるということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする