皮膚科で受けるしみ治療について

美容皮膚科でなければ、しみの治療をしてもらうことは不可能だと思う人もいます。

実はしみの治療は一般の皮膚科でも行うことができるのです。

顔にできたしみを解消するためには、しみの治療効果がある専用のレーザー器機を用いる方法が存在しています。

どんな治療のやり方でしみを取り除くのかは、カウンセリングで聞くことができます。

痛みの有無や、治療のデメリットなどもこの時点で確認します。

レーザーによるしみ治療については皮膚科のサイトでも調べることは出来ますが、気になるという人はまずは皮膚科へ行って、聞いてみましょう。

ハイドロキノンやトレチノインの塗り薬を使ったり、トランサミンやビタミンC誘導体の飲み薬を使うなど、治療方法は人によって色々です。

皮膚科のいいところは、しみ治療をしている時に肌に弊害が発生した場合でも、医師の判断で適切に対処してもらえるであろう点にあります。

皮膚科での治療にはなりますが、しみ治療に関しては健康保険を利用することは出来ません。

保険が使えない状態で、皮膚科の治療を受ける場合は、多額の医療費がかかりますので、費用についてはあらかじめ調べておくことです。

しみを治療し、きれいな肌になりたいのは、きれいなお肌になりたいからです。

病気を治す時に使うという健康保険の本来の目的と違っているので、保険が使えない治療と見なされます。

すべて対象外かと言うとそうでも無く、場合によっては健康保険が適応されるケースもあるそうです。

自分のお肌のしみがどうなっていて、どういった治療方法が存在しており、治療費はどのくらいか、まずは皮膚科に行って尋ねてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする