気になるしみはフォトフェイシャルで解消

気になる肌トラブルの一つであるしみは、フォトフェイシャルを利用すれば、簡単に解消することができます。

フォトフェイシャルは特殊な光を照射することでしみやソバカス、肌全体のハリやクスミを改善することができる施術の事です。

一度できてしまったしみやソバカスはいつの間にかなくなるという事は無いので、解消させるためには何らかの方法が必要です。

光を皮膚に照射し、そばかすやしみをつくるメラニン色素を減らすのがフォトフェイシャルです。

メラニン色素でしみやそばかすができていた場所に、フォトフェイシャルを施すことで、色素が徐々に浮いてきます。

浮いた色素を下手に刺激せずに様子を見ていると、いずれ皮膚から剥がれ落ちます。

その場所は、色素もなにもない白い肌になっています。

ポロポロ浮き上がってきたものを無理にはがしたりしないようにしましょう。

一度にすべてが浮き上がってくるわけではないので、3週間から1ヶ月ごとに定期的に数回のフォトフェイシャルの施術を受ける必要があります。

しみの解消以外にも、毛穴の引き締めや肌のハリの回復、クスミが取れて明るい肌になるなど、同時に複数の悩みが解消される施術でもあります。

ダウンタイムが短いこともフォトフェイシャルの利点で、施術直後に化粧をすることも可能です。

お肌にレーザーを照射した後はテープを貼りますが、フォトフェイシャルはぞこまでする必要はありません。

ただし、皮膚は敏感になっているものです。

日焼けどめクリームをしっかりつける、太陽の光が強くなりそうな時間帯に屋外で活動しない等の工夫が、フォトフェイシャル後には重要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする