紫外線対策の日焼け止めでかゆみが出る理由

紫外線が皮膚に与えるよくない効果が認知されるようになってから、大勢の人が日焼け対策を行っているようです。

今では、一見して太陽光がそれほど強くないような日でも、日焼け対策はするものという考え方になっています。

紫外線への対策として日焼け止めクリームをつけたいけれど、クリームを塗ると肌が荒れてしまうという人もいるようです。

敏感肌の人の中には、日焼け止めクリームをつけると肌が赤く腫れるという人や、一度で懲りたという方もいます。

日焼け対策にクリームをつけたら肌がかゆくなったり、赤く腫れたという場合、要因は様々なものがあります。

紫外線に対策に用いるクリームの有効成分は完全に一致しているわけではなく、どんな成分が効果を発揮しているかが違います。

紫外線散乱剤が配合されている場合と、紫外線吸収剤が配合されている場合は、作用のメカニズムが違います。

日焼けどめクリームをお肌に塗ったら、かゆみや、赤みが出たという場合、紫外線吸収剤が敏感肌に作用しているのかもしれません。

肌荒れが起きた要因としては、紫外線クリームに含まれていた紫外線吸収剤が、肌と相性がよくなかったことがあります。

紫外線散乱剤が配合されている日焼けの対策クリームは、肌が敏感で荒れやすいという人にとって使いやすいクリームでしょう。

ノンケミカルと書かれた日焼け止めクリームにすることで、肌への悪影響を会費することが可能になります。

肌が刺激に弱い人が、肌荒れを起こさずに日焼け対策クリームを使いたい場合は、ノンケミカル商品が適しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする