紫外線からはきちんと肌を守るケアが大切

日焼けをしたい方、したくない方それぞれ居ると思いますが、どちらにしてもきちんとした肌のケアは必要です。

太陽光がもたらす紫外線は、皮膚を老化させることがありますので、紫外線に対するスキンケアは、しっかりやっておかなければいけません。

強い紫外線に長時間さらされていると、皮膚は炎症を起こしたり、しわやたるみが目立つようになることがあります。

日焼けをすると真っ黒になる人と、真っ赤になった後に白くなる人とがいます。

太陽光を浴びるとまず赤くなり、次いで白くなる人は、肌が炎症を起こしたためです。

紫外線をたくさん浴びた時に肌が赤くなる人は、紫外線による肌の老化が進みやすい傾向があるそうです。

肌の炎症や老化を防ぐためには、紫外線を浴びないように、しっかりと対策を施すことが必要です。

日焼け止めクリームを状況に合わせて使うことで、紫外線からお肌を守ることが可能です。

日焼け止めの効果はSPFという指標で表されていますが、SPFの高いクリームを使えばいいとは限りません。

お肌への負荷を考えると、SPFが高いクリームのほうが程度が大きいので、気をつけてください。

肌がガサガサしたり、肌荒れが起きやすくなる背景に、SPFの強すぎる日焼け止めクリームを使っている可能性があります。

自分の肌に適した日焼け止めなどのケア製品を正しく選ぶことは、効果のある肌ケアの第一歩になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする