紫外線の影響による肌の乾燥

紫外線は、顔にシミやくすみをつくってしまう元であり、女性にとっての大敵といえます。

強い紫外線をお肌に照射されると、肌トラブルが起きやすい状態になってしまいます。

特に紫外線を浴びることは、肌に乾燥を引き起こしてしまうことになるので、注意しなければなりません。

外界の乾燥や刺激から肌を守っているものが、皮膚の表面にある角質層という部分です。

肌に紫外線がたくさん当たると表面にある角質層がダメージを受けて、バリア機能が低下してしまいます。

人の肌は、肌細胞自体は基底層でつくられており、新しい細胞ができるに連れて上へ上へと押し出されていく形になっています。

紫外線の作用を受けて、お肌のバリア機能が低い状態になってしまうと、角質層だけでなく、皮膚の深層も乾燥が進むようになります。

皮膚の奥の部分まで乾燥が進むと、まだ完成していないような肌細胞まで角質層になってしまうので、肌トラブルが起きやすくなります。

細胞と細胞の間を糊のようにくっつける役割をしている細胞間脂質も不足気味になり、本来の機能を果たさなくなってしまいます。

角質層がバリア機能としての役割を果たしてくれなくなると、紫外線は皮膚の奥に到達して、肌そのものへと攻撃をするようになります。

最初は少なかった肌のダメージも徐々に大きくなると共に、肌の乾燥もどんどん進行してしまうことになります。

きれいな肌を保ちたければ、紫外線を浴びすぎないように心がけることです。

紫外線の影響で肌の乾燥が進むと、しみやたるみなどの要因にもなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする