紫外線の対策と肌の老化について

紫外線から肌を守ることは、スキンケアの基本です。

紫外線を浴びた肌は、老化の影響を受けやすいためです。

太陽光が弱い季節でも、紫外線の作用は肌に及ぼされていますので、紫外線対策をすることは普段から必須のことです。

紫外線が強くなるのは春から夏ですが、その時は、特に入念に対策が必要です。

どういうことをすれば、肌に照射される紫外線の作用を抑制できるのか、正しい知識を持った上で行動に移ることです。

紫外線予防については、キャンプやマリンレジャー、スポーツなど、まる一日外にいる日は、意識する人が少なくありません。

一日のうちちょっとしか屋外で活動をする時間がない人は、紫外線対策をおろそかにすることもあります。

紫外線が肌に及ぼす影響は、窓越しに家の中で活動をしている時や、短時間の外出の時ですら、ないがしろにはできません。

お肌にしみやしわがふえているのは、紫外線を受けた肌に対して、適切な対処をしていないからかもしれません。

人間の皮膚は、皮脂膜や、角質層と呼ばれる防御機構があり、これらが皮膚の乾燥を防ぎ、外界からの刺激をシャットアウトしています。

お肌の細胞が正常に代謝しなくなったり、乾燥や化膿で肌トラブルが起きる背景には、紫外線によるお肌の表層への攻撃があります。

実年齢以上にお肌が年をとって見えるようになる原因は、皮膚がダメージを受けたために、乾燥や肌荒れのせいでたるみやしわが増えるためてす。

紫外線を浴びる時間を少なくすることや、UVカット加工が施されている帽子やサングラスを使ったり、日焼け止めクリームを肌に塗ることが、一般的な対策方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする