脂肪を分解する注射のメリットとデメリット

脂肪分解注射による痩身施術では、読んで字のごとく、皮下脂肪のある部分に脂肪を融解する効果がある薬液を注射するという方法です。

脂肪分解施術のメリットは、注射を用いて行うために、皮膚を切ることで体に負荷を小さくしておくことができます。

薬液を注射するだけで脂肪を分解することができるので、施術に要する時間が10分程度ということも人気の理由です。

脂肪を切除する方法では、皮膚の痛みや腫れが心配になりますが、脂肪分解効果がある注射をするだけなら安心です。

脂肪を取り除くために皮膚にメスを入れるのは怖いと感じる人もいますし、手術痕が残ることを嫌がる人もいます。

手術が終わってからも、今までどおりに生活をすることができますので、まとまった時間がないという人でも安心できます。

今まで、色々なダイエットに挑戦していたけれど、脂肪を減らすことができなかったという人でも、脂肪分解の注射なら効果が得られます。

美容施術で脂肪を取り除きたいけれど、長時間家をあけられなかったり、仕事が大変だという人でも、短時間の施術が可能です。

脂肪分解施術の欠点は、脂肪がついている範囲が狭い時には、効果を充分に引き出すことができないため、使えないということにあります。

施術後しばらく、脂肪分解をした場所にあざや、腫れができることがあり、部位によっては目立ってしまいます。

下地クリームやファンデーションで覆い隠すことができれば問題ないのですが、場所や肌質によっては隠し立てが困難なこともあります。

施術の痕跡がはっきり残ってしまう可能性を考慮すると、人前に出る機会が少ない時に施術をうけるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする