紫外線によって日焼けが起きる理由

長時間、紫外線を浴びていると日焼けをすることは、大抵の人が理解しています。

お肌の日焼けの背景にあるという紫外線とは、どんなもののことでしょう。

紫外線とは、太陽光線のひとつであり、種類をA波、B波、C波に分けることができます。

A波はかなり強い紫外線となっており、窓ガラスを通過するほどの威力があります。

車内や室内にいても日焼けをしてしまうのは、A波と呼ばれる紫外線によるものと言えます。

天気がよくない日や、雲が重くたれこめている日は、紫外線B波が地上には届きにくくなります。

紫外線B波はオゾン層ででもカットされています。

紫外線C波が日焼けに関わることはありません。

なぜなら、紫外線C波はオゾン層を抜けられないからです。

ガラスを通り抜けるために、紫外線A波は日中ずっと浴び続けることが多くなる波長の光ですが、真皮層までしか届かないので、影響はごくわずかです。

肌の日焼けのことを考えるのであれば、室内でも紫外線を浴びてしまうため、常に対策と取る必要のある紫外線です。

日焼けは、ただ単に肌の色が黒くなるだけでなく、肌の老化やしみそばかすなどの原因になるので、極力浴びないようにするのが大切です。

日焼けは、紫外線から肌を守るための体の機能として、メラニンを多く発生させて結果です。

こんがりと焼けた肌は、活動的な印象を人に与えますが、肌にとって日焼けは決していいものではいえまいので、ほどぼどにしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする