大事な目を守るために紫外線対策を

紫外線対策というと肌のことを思い浮かべますが、目を守るための対策をする必要もあります。

まぶしさをどのくらい感じ取るかは人によって異なっていますが、紫外線対策は、目の健康と密接に関わっています。

紫外線から目を守ることも、肌と同じように重要視されるようになってきています。

ちょっとくらいの紫外線なら、目は紫外線を通さないようにできていますので、生活に支障が生じるということはまずないといいます。

ですが、屋外で長時間過ごすこと多い人や、スポーツに打ち込むことが多い人は、目を紫外線からガードする必要があります。

オーソドックスな方法としては、紫外線をカットする加工が施されているサングラスを使用することです。

レンズの色が濃い方が紫外線をカットできると考えがちですが、重要なのは紫外線透過率です。

レンズの色が濃いかどうかではなく、紫外線透過率が高くないレンズが、紫外線を遮ってくれます。

日差しを遮ることのできる、つばの大きな帽子や日傘なども、紫外線対策としは効果のある方法です。

歩く時はできるだけ日陰を選ぶことも、紫外線対策にはよい効果があるといいます。

強烈な紫外線の下で活動をした後は、目をひやす、目薬を使うなどの方法で目をいたわるといいでしょう。

それほど紫外線が強くないように見える日でも、目への影響を考えると油断できませんので、紫外線対策はきちんと行っておくべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする