フェイスリフトアップに役立つ体操の方法

人間の体は若返ることはできませんが、たるみを解消し、皮膚をリフトアップさせればより若く見えます。

顔は目立つ場所でもあるので、年齢以上に老けて見られないように、肌のたるみを解消する体操がおすすめです。

体操をして、肌のリフトアップを行うことで、お肌のたるみを取り除き、スッキリとした若々しい顔立ちになることが可能です。

頬のたるみを改善して、フェイスリフトアップを行うには、表情筋の衰えを防ぐことが大切です。

顔にある表情筋を鍛えてリフトアップするためには、体操や顔ヨガなどで表情筋を鍛えていくことが必要となります。

顔のリフトアップエクササイズはとても手軽です。

鏡の自分の顔を映し、口の両端を持ち上げて10秒、そのままの姿勢でいるようにします。

アから始まって、ワ行の終わりまでをはっきりと口をうけて話すことでも、リフトアップには効果的です。

口を大きく思い切り開けることは普段の生活ではそうある事では無いので、顔が痛いと感じるかも知れません。

表情筋を動かしたいのであれば、普段の行動の中では使う機会がない筋肉を使うための、五十音の発音などに取り組んでみてはどうでしょう。

ペットボトルを用意して、口にくわえて思いっきり息を吸い込み、ペットボトルをへこませ、その後息を吐き出してペットボトルが元に戻るまで膨らませる体操も頬の筋肉には良いとされています。

また、頬をへこませ口をすぼめるという状態を20秒ほどキープし、元の状態に戻るのを3回ほど繰り返すのも有効です。

表情筋を鍛える効果があるという運動をすことで、リフトアップについて深い知識を得られるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする