クレンジングミルクとクリームの使い分け

クレンジングは、日頃からメイクをしている人なら一般的にしていることです。

普段使用する化粧品なので、購入する時には自分の肌に合ったものを慎重に選ぶことが必要になります。

クレンジングは性質も見た目も色々あるため、どれがいいかは人によって違っています。

オイルクレンジングは洗浄力が強く、濃い目のメイクでもしっかり落としてくれますが、肌への負担が大きくなりがちです。

オイル型では皮膚の水分が減ってしまうという人は、刺激がマイルドなミルクやクリームのクレンジングがいいでしょう。

目の周りだけ、しっかりとメイクを施しているという方は、目だけオイルクレンジングを使うというやり方も心がけたいものです。

目もとや、口もとなど、色の濃いメイクをしたところと、それ以外のメイクをしたところでは、違うクレンジングを使うなどです。

ミルクやクリームの場合は、あまりに濃いメイクだと落としきれない事もあるので、その場合は肌に負担がかかったままになってしまいます。

それほど濃いメイクをしていない場合は、オイルクレンジングは必要ありませんので、洗浄力が強くないクレンジング剤を使います。

ミルクタイプのクレンジング剤は、お肌が乾燥しやすい人や、肌荒れが起きやすいという人向きです。

メイクの油分を分解する力は強くないですが、皮膚本来の油分を奪う心配もありません。

クリーム型のクレンジングは、濃いメイクを洗い落としたいものの、皮膚には刺激を与えたくない人用です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする