医療レーザー脱毛の痛みについて

具体的にどういった脱毛施術を行うかによっても、脱毛時の痛みは違っているようです。

エステの脱毛施術より、医療レーザーを使っての脱毛のほうが強い痛みがあると言われています。

エステと、医療クリニックとでは、脱毛器機の出力が異なることが主な理由です。

エステでは許可されていないような高出力のレーザー器機で脱毛を行えることが、医療レーザー脱毛のメリットであるといえます。

脱毛の際に痛いかどうかは脱毛器機の出力だけでなく、人体のどの部位に対して脱毛処置を施すかによっても違います。

触覚が敏感なデリケートゾーンは、ちょっとした刺激でも強い痛みとして感じます。

同じ条件で脱毛施術を行っていても、痛みが特に強いところと、あまり痛く感じない部分とがあると言われています。

医療レーザーでの脱毛は痛みが強いと言われていましたが、近年では技術の進歩も確実に進んでいます。

かつて使っていた医療レーザー器機よりも、大幅に脱毛時の痛みが少なくなっているような器機を使う施設もあります。

最初は痛くても、毛根で弱っていくにつれて、脱毛時には痛くなりなります。

もしも、痛みがこらえきれないようであれば、事前に麻酔に使うクリームを皮膚に塗布してもらいましょう。

麻酔クリームの分は別料金である施設が多いですが、希望を伝えておけば、対応してくれるという医療レーザーが多いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする