頬のたるみを解消する方法

多くの女性が、年齢と共に目立ってくるお肌のたるみを減らしたいと思っています。

たるみが多い肌は、それだけ老いて見えます。

頬にたるみができるのは、年をとって、肌の弾力が失われることが関係しています。

年を取ることを止めることは不可能ですが、頬にたるみを生じさせる原因には他にもあるので、対策が出来ないことはありません。

肌老化以外には、紫外線や乾燥、生活習慣などの影響によって、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが十分に機能しなくなることが原因でたるみが起きてしまいます。

頬のたるみ改善効果があるエクササイズを習慣にするという方法がおすすめです。

たるみ解消に役立つエクササイズは、まず口の中で右に向かって舌を突き出します。

頬の筋肉がしっかり動いていることを意識して、エクササイズをしてください。

右、左と口の中で舌を動かし、口をすぼめることで運動効果があります。

それから、空気を口の中に入れ、口の中にしばらくとどめることで、ほうれい線を消します。

頬のたるみを解消するには、毎日欠かさずエクササイズすることで、徐々にたるみが解消されていきます。

肌のコラーゲンやエラスチンの減少によるもの以外にも、頬のたるみには、長時間デスクワークなどをした場合の肩こりが原因となっていることもあります。

首のポジションが本来の場所にないことで、顔のバランスが悪くなって起こります。

肩こりの自覚症状がある人は、首筋を伸ばし、余計な力を抜いて上を向きます。

頭の重さにつられるように、ゆっくりと一周頭を回します。

リラックスしながら無理のない範囲で行うことで、肩周りの筋肉の緊張がほぐれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする