頬のたるみは筋肉の衰えが原因

頬にたるみができる理由に、筋肉が減った可能性が挙げられます。

顔の筋肉が衰えて、頬のたるみが目立つようになると、口の周囲にほうれい線が多くできるようになります。

顔にできるほうれい線はどうしても目立つものなので、悩んでいる女性も多いことでしょう。

頬に出来てしまったたるみや口のまわりのほうれい線は、実年齢よりも老けて見えてしまうので、どうにか解消したいものです。

年をとるとほうれい線がはっきりと見えてくる女性は多いですが、特に顔の中でも目につく部分ですので、何とかしたいと考えるのはごく当たり前の話です。

顔の中では、目もとのしわも出来やすいものですが、しわよりも口のまわりに出来るほうれい線の断然気にしている人が多いのようです。

整骨施術を受けることで、顔のたるみ対策を行うというやり方もありますが、マッサージで肩の凝りをなくす程度のものであり、時間がたてばまた元に戻ってしまうでしょう。

表情筋を筋トレで鍛えることによって、たるみのない肌を自分のものにすることができるといいます。

毎日、顔の筋トレを行うことで、その効果を持続させる必要があるので、その内容は簡単で続けるものでないとだめです。

筋トレの内容が複雑なものであったり、時間の掛かる方法の場合は、面倒くさくなって途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

ほうれい線を解消する筋トレとは、口の周囲にある口輪筋を鍛える運動です。

口角を上げ下げすることによって、口輪筋を鍛えるエクササイズを朝晩に5分ずつ実行することで、筋肉を強化していきます。

負荷の少ない方法であっても、毎日のトレーニングは積み重なって、徐々に頬のたるみの解消につながっていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする