美容外科や皮膚科での顔のシミ取り治療

医療機関を受診して、顔にできたシミを取りをしてもらおうとする人がいます。

年をとると、だんだんと顔のシミが多くなってきます。

どんなに気を付けて帽子やサングラスなどで紫外線対策をしていても、すべての紫外線を防ぐことは不可能です。

紫外線による影響で、シミが出来てしまうのは、なかなか防ぎようが無く、難しいものです。

シミができる理由は体の外からだけでなく、内側からの要因もありますので、様々な方法でのシミ予防が求められます。

しかし、今は技術の進歩もめざましく、顔のシミ取りも簡単にできるようになってきています。

シミ取り治療が可能な美容クリニックも多くなりましたので、外科的な手段でのシミ取りができます。

シミ取りに特化したレーザーを照射することで、シミのもとになっているメラニン色素を焼き切ってくれます。

レーザーを照射した部分は、時間が経つとかさぶたのような状態になり、1週間から10日ほどでそのかさぶたが取れて、シミが消えるという仕組みです。

しかし、このかさぶたが取れるまでの期間は黒くほくろのような状態になっており、そのままでは結構目立つ色になります。

シミ取りの施術が終わった後の場所は、乾燥させたほうがいいのでガーゼなどは張らない方がいいのですが、それでは周囲に不審に思われるでしょう。

シミ取りの治療を受ける場合は、あまり人に会う事のない長期休暇などを利用するのが賢明です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする