顔のたるみの解消には表情筋のトレーニングが効果的

皮膚のたるみを気にしている人は大勢いますが、皮膚がたるむのは表情筋が衰えているせいでもあるので、表情筋を強化するようにしましょう。

顔のたるみを無くしたいというのは、女性なら誰でも考えることではないでしょうか。

顔の肌は通常、表情筋によって支えられおり、体の筋肉同様、加齢によっても衰えますが、使わないことでも衰えてしまいます。

一日じゅう1人でいるような人は、会話をする機会がほとんどないので、表情筋を動かすことが少なくなるようです。

使われない筋肉は次第に衰えていき、顔の肌をしっかりと支えることができなくなり、顔のたるみにつながってしまいます。

普段から表情筋を意識的に動かし、衰えさせないようにすることが顔のたるみの防止に有効です。

顔のパーツを色々と動かしてみることで、表情筋のトレーニングを行うことができますので、試してみてください。

鏡があれば鏡に向かって、顔全体を大きく変形させて色々な表情を作って見ましょう。

眉の上げ下げ、目を見開いたり閉じたり、口を大きく開けたりすぼめたり、口角をしっかり引き上げて歯を出して笑顔を作ったり。

顔の筋肉が疲労しているように感じた場合、日頃使わない筋肉を刺激したことになります。

顔のたるみが気になったら、お手洗いやお風呂の時などちょっとした一人の時間に表情筋を動かしてみてください。

表情筋を鍛えることは、顔のたるみを防ぐとともに、表情豊かな顔になるので、好印象が得られるというメリットもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする