若くても起きてしまう顔のたるみの原因と対策

肌トラブルには色々なものがありますが、年をとると顕著になるものが、肌のたるみではないでしょうか。

30歳を過ぎても、お肌のたるみがほとんどないという人もいますが、なぜ個人差が出るのでしょう。

なぜ皮膚がたるみやすいかは色々な要因がありますが、肌の保湿力の低下や、背筋の曲がった姿勢が顔の歪みを引き起こすことがあります。

肌の水分不足や、顔の骨格の歪みが原因で皮膚のたるみがひどくなっているなら、改善に取りかかることも可能です。

肌を乾燥から守るスキンケアをすることや、パソコンやスマホの画面をずっと凝視していたりしないように心がけましょう。

椅子に座って仕事をしている人の場合、姿勢が固定化されて、負担が大きくなることがあります。

首が凝る姿勢を一日じゅう続けていると、リンパ腺の流れが悪くなってしまうことがあります。

リンパの循環が行われていないと、使い終わった不要な水分を体外に排出することが難しくなり、皮膚がむくみやすくなります。

毛穴の開きや黒ずみは、乾燥肌を放置した結果皮膚がたるんで毛穴が開いた結果起きることなので、対策が必要です。

皮膚がたるみ始めていることは、鏡で自分の顔を見ていてもなかなか気づきません。

運動量を増やして血液の巡りを改善したり、皮膚を引き締める効果があるマッサージケアをする方法があります。

表情筋を刺激することで皮膚を保持しやすくなりますので、日々のお肌のお手入れ時に、表情筋の筋トレも効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする